ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1 ナチュラル クライスデール

コーヒーの王様、ジャマイカブルーマウンテンNo.1で、人気のブランドのクライスデールから、ナチュラルプロセスのブルーマウンテンが初登場です。

ジャマイカ ブルーマウンテン No.1
ナチュラル クライスデール

生産者 コーヒートレーダーズ社
地域 セントアンドリュー教区 クリフトンマウント、クライスデール
標高 1,000m 〜 1,250m
品種 ティピカ
生産処理 ナチュラル
認証 なし
クロップ 2018/2019

100g入り1個  ¥2,000(税込)

  • 焙煎度合い

  • 豆・粉を選択してください。

  • サイズ(グラム数)を選択してください。

数量


自家焙煎珈琲バビルサ店主 オススメの理由

今回入荷のブルーマウンテンは、昨今のスペシャルティーコーヒーのトレンドにならい、1948年にジャマイカコーヒー産業公社(JACRA)が設立されて以来、初めて正式にナチュラル精製を許認可することとなった、コーヒートレーダーズ社が所有するドライミル、ブルーマウンテンコーヒープロセサーズ(BMCP)にて生産されたクライスデール地区のナチュラルプロセスのトライアルロットです。
クライスデール農園は、1800年、英国人コリン・マクラーティー博士によって創設されました。ジャマイカには旅行でやってきましたが、後に永住しました。コーヒーを商業ベースで生産した最初の農園のひとつでもあります。
現在、クライスデール農園は運営はされていませんが、当時の精製工場、乾燥場、水車は200年経った今も現存しています。かつてハネムーンの常宿だった工場に隣接するクライスデール・グレート・ハウスは、国家遺産としてジャマイカ政府によって指定されています。 
クライスデール地区の生産者は、今でもティピカ種の素晴らしいコーヒーを作り続けています。クライスデール・ブランドはこの地区で収穫されたブルーマウンテンであり、他の追随を許さず、そのアロマは、今日でも変わりません。

味の特徴

ブルーマウンテン特有の卓越したバランス感と苦みや雑味の少ないクリアなテイストは残しつつ、ナチュラルプロセスが醸し出すストロベリーや完熟フルーツのような甘い香りが足されて、非常に上質な風味持ったコーヒーに仕上がってると思います。

ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1
ナチュラル クライスデール

  • 甘味:★★★★☆ コク:★★★☆☆
  • 酸味:★★★★☆ 香り:★★★★★
  • 苦味:★★☆☆☆

バビルサ店主より

日本でコーヒーの王様といえばブルーマウンテンといわれて久しいですが、昨今のスペシャルティコーヒーブームやサードウェーヴの潮流から個性的な風味で人気が出たパナマゲイシャなど新しいブランドを確立したコーヒーもあります。今回のブルーマウンテンは、本来の卓越したバランス感に、最近のトレンドでもあるナチュラルプロセスを取り入れたブルーマウンテン史上初のナチュラルプロセスのコーヒーです。
ブルーマウンテンが持つ本来のバランス間とクリアなテイストに、ナチュラル特有の甘い香りが加わった新しいブルーマウンテンを是非この機会にお楽しみ頂ければと思います。